実務未経験で病院調理師に転職した話

職業のイメージ画像 みんなの転職体験談

38歳で病院調理師に転職した話【体験談】
転職して年収があがったのか、転職で失敗したこと、転職へのアドバイスなどなど、リアルな情報を公開して行くぞ!

スポンサーリンク

38歳で病院調理師に転職した話

転職者の基本的な情報

性別:女性
転職時の年齢:38
転職前の職種:事務職
転職後の職種:病院調理師
転職した地域:大阪
社会人何年目の転職か:5年目

今回は異業種への転職なので、普通の転職よりも難易度が高め。

転職後の年収の変化

転職前の年収:250
転職後の年収:360

ここからは転職についてあれこれ聞いた回答をまとめていくね。
生の声をまるまる掲載しているよ!

スポンサーリンク

病院調理師に転職した理由

転職理由

転職までの5年間、事務職として勤めていた不動産会社で雇用形態が契約社員だったため、正社員への雇用になることなく、事業縮小傾向にあると知ったため、これまで興味があり、過去にとった調理師免許を生かそうと病院調理師へ転職しました。
近所に大きな病院ができ、募集要項が早朝からと書かれていることもあり、徒歩で通勤できるところに住んでいたこともあり、転職を決意しました。

病院調理師への転職時に利用したサイト

インディード

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
スポンサーリンク

病院調理師への転職時に使った履歴書のポイント

志望動機

調理師免許を持っており、以前から興味がある病院給食で働きたいと思い志望しました。

自己PR

病院給食ということもあり、チームワークを大切にし、患者さんの楽しみとなるような食事を提供していきたいとかきました。

スポンサーリンク

病院調理師への転職時の面接のポイント

退職理由

その職場の責任者の方へ退職をしたいことを直接お話ししたのですが、その責任者の方の働き方が私には合わないと直接お話ししました。

面接で聞かれた質問

病院給食の会社でしたが、若い世代が多数活躍しており、50~60代のパート社員も多数在籍しておられました。
私は中堅社員として面接を受けたのですが、その離れた世代とどう対応していけるかと聞かれました。

スポンサーリンク

病院調理師に転職したメリット・デメリット

転職で失敗したこと、後悔していること

職場見学をきちんとしなかったことです。
できたばかりの病院だったこともあり、施設はきれいで働いている人たちも風通しがいいだろうと思い込んでしまっていました。
面接の段階で、どんな人たちがどんな表情で働いているかをきちんと見るべきだったと思います。

転職して良かったこと

正社員での転職の場合、どうしても焦ってしまって、採用の面談が進むにつれて早く決めてしまいたいと考えてしまいます。
今回の転職で成功したことは一つもありませんが、今後、転職の際に何をどう見極めていけばいいかのサンプルが自分のなかにできたことが唯一良かったことだと思います。

転職活動で大変だったこと

新卒のときは正社員で働いていましたが、いくつかの職場を経験し、今回は契約社員から正社員への転職活動となりました。
正社員が偉いというわけではありませんが、会社の中で責任が重くなるの雇用形態ではあるので、どうしてもいいところばかりをみてしまっている自分自身を冷静になるよう修正するのが大変でした。

スポンサーリンク

これから病院調理師へ転職する人へのアドバイス

転職の先の雇用形態がどうであれ、職場見学は最低でも2回はさせてもらったほうがいいと思います。
週明けと週末とか。
一度みた雰囲気がとてもいい時かもしれないし、一番悪い時かもしれません。
採用担当の方にはお手間をかけることになりますが、一度での判断はしないほうがいいと思いました。

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
タイトルとURLをコピーしました