建設関係の事務職の仕事内容を解説!

職業のイメージ画像 事務の職業体験談

実際に事務職を経験している方に、仕事内容や待遇を聞いてきました!

事務職への就職や転職を考えている方に有益な体験談なので、ぜひ参考にしてください!

特に職業の本音トークが知りたい方はぜひ読んでみてください!

この記事でわかること

  • 事務職の実体験に基づく仕事内容
  • 事務職の年収
  • 事務職の仕事はきついか
  • 事務職の将来性
  • 事務職をこれから目指す人へのアドバイス

今回話を聞いた方はこんな方です。

職業:事務職
性別:女性
勤務時の年齢:23
業種:不動産・建設系
月間残業時間:0
会社規模:300~600人
上場について:非上場

当サイト『キャリエンス-Webで職業体験』について

「この職業が気になっているんだけど、実際にどんな仕事しているかいまいちわからない」

「転職を考えているけど、この職業ってきついの?残業時間は?」

「この職業に将来性はあるの?」

とお悩みの方向けに「実際にその職業に従事していた方のリアルな体験談」のインタビューをまとめたサイトです。

あなたが自分にあった職業を選択できるように、ぜひ活用してください。

スポンサーリンク

事務職の仕事内容

事務職の仕事内容

アパートやマンションに住む住居者のデータ管理
入居者および退去者などの顧客データの管理としてデータの入力や必要書類の作成や管理などをするのが主な仕事内容です。

事務職ですので、デスクワークでしたが、ファイルの整理やその他雑務が多々ありました。
会社の管理システムを使用して、データを管理するので、そこに必要な情報を入力し保管するというものでした。
データに入力ミスがないかは、三人ほど通して確認するという体勢でした。
そのほかは、一般的な事務作業などです。

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!

これまで手がけた仕事

入居者・退去者の情報管理
データ入力
その他事務作業

良いところ、やりがい

自分のペースで作業ができるので、チームでするような仕事が嫌いな人は自由が効くので動きやすい分、生産性と効率が上がります。
余計な人間関係がないところもメリットの一つでした。
自分のペースで仕事がしたい人にはいいと思います。

悪いところ、きついところ

何か特別なスキルが身につくわけでもないので、長年この仕事だけをしていても消耗してしまうと思います。
傍で、何かするとか、単なる事務作業だけではなく、会社の会議に関わるような企画を持ってくるなど動かないと昇進なども難しいと思います。

事務職に向いている人

細やかな事務作業ができる方、単調な作業でも飽きずにミスをしないでできる方でしたら大丈夫な仕事です。
PCはエクセルやワードが使えれば、あとは会社のシステムを使うので問題ないと思います。
デスクワークが好きな方など。

スポンサーリンク

事務職の待遇

会社の情報

会社規模:300~600人
上場について:非上場
地域:東京

残業時間

月間残業時間:0

年収

性別:女性
勤務時の年齢:23
年収:300万円(月収25万円)
役職:なし

スポンサーリンク

事務職の将来性

建築関係なので、仕事自体がなくなることはないと思いますが今後どのようになってくかはわかりません

スポンサーリンク

会社選びで重要視するところ

自分がやりたいと思える仕事ができるかどうか

スポンサーリンク

事務職を目指す人へのアドバイス

不動産・建築系と行っても自分が就いていたのは事務なので、あまり業界色はありませんでした。
事務や、営業やデザイナー建築士などがあるのでどの位置につくのかで違ってきます。
スキルが必要ないような事務作業であれば誰でもできます。

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
タイトルとURLをコピーしました