Webディレクターがブラックだったので事務に転職した話

職業のイメージ画像 みんなの転職体験談

26歳でWebディレクターから事務に転職した話【体験談】
転職して年収があがったのか、転職で失敗したこと、転職へのアドバイスなどなど、リアルな情報を公開して行くぞ!

スポンサーリンク

Webディレクターがブラックなので事務に転職した話

転職者の基本的な情報

性別:女性
転職時の年齢:26
転職前の職種:WEBディレクター
転職後の職種:事務
転職した地域:大阪
社会人何年目の転職か:1年目年目

転職後の年収の変化

転職前の年収:240万円
転職後の年収:220万円

ここからは転職についてあれこれ聞いた回答をまとめていくね。
生の声をまるまる掲載しているよ!

スポンサーリンク

事務に転職した理由

転職理由

Webディレクターとして働いていた前会社が、いわゆるブラック企業でサービス残業が月100時間程あり、休日もパソコンを持って帰るよう指示され仕事をするが当たり前で身体が持たなかったです。

また、理不尽に怒鳴り声をあげられる、研修もなくいきなり専門職を任される、など精神的にもきつかったです。
定期的にお客様から裁判を起こされている会社だったので未来もないだろうと早々に見切りをつけ何とか辞めました。

事務の仕事内容

転職後は事務職で、受発注、見積書作成、電話・メール対応、請求書処理、が主な仕事です。
その他担当営業さんのフォローも求められている気がします。

営業さんによりますが全て指示通りの仕事でOKな方と、(営業さんも人なので間違えることがあるので)指示された仕事の確認や顧客毎のデータをまとめたりすることもあります。

事務への転職時に利用したサイト

・リクナビNEXT
・とらばーゆ

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
スポンサーリンク

事務への転職時に使った履歴書のポイント

志望動機

前職でお客様の困りごとを解決して感謝された時が嬉しかったのと、あまり前へ出るタイプでもないので事務として社内の人の役に立てる仕事がしたいです、というようなことを言いました。

自己PR

未経験のことでも頑張れる、前職も聞いて事のない職業についたがこなそうと努めた、、、というようなことを言いました。

スポンサーリンク

事務への転職時の面接のポイント

退職理由

正直に、サービス残業が多すぎたので身体が持たず、ワークバランスの取れたところで働きたいと思いました、と言いました。

面接で聞かれた質問

・学生時代に頑張ったこと。

・学生時代の思い出は何か。

・クレームに対しての耐性はどのくらいあるか。

・前の仕事で学んだこと。

・具体的にどのようなことを前職で頑張ったか。

・前の会社はどんなところか。

スポンサーリンク

事務に転職したメリット・デメリット

転職で失敗したこと、後悔していること

基本的にありませんがあえてあげるとすれば
その業界には色んな競合他社や、同じ会社にも様々な部署があったようなので他の会社のことも調べたり、事務職にこだわらずに違う部署のことも視野に入れても良かったと思います。

転職して良かったこと

次の会社は定時に帰ることができたり有給休暇もあったり、残業代も出たので、当たり前のことかもしれませんが本当に転職して良かったと思えました。
社内の方も本当に良い人たちで、日々幸せに働くことができたので成功でした。

転職活動で大変だったこと

辞める直前まで変わらない仕事量で働いていたので、転職活動が辞職後になり、お金がなかったことが大変でした。

スポンサーリンク

これから事務へ転職する人へのアドバイス

前の会社は本当にとんでもない会社だったのですが、自分の中の仕事を頑張るエネルギーが他の人よりあるようで、そんなに頑張っていなくてもとても評価してもらえます。
それはその時の経験が生きたのかなと思います。

転職を考えるということは、今の会社は嫌な面しかない会社かもしれません。が、その中に自分の武器になったものもあると思うのでそこは大事にしてください。
後、できれば仕事見つけてから辞めた方が良いです。

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
タイトルとURLをコピーしました