楽と噂の交通量調査の仕事内容を、経験者に聞いてみた

道路 サービス業の職業体験談

実際に交通量調査を経験している方に、仕事内容や待遇を聞いてきました!

交通量調査への就職や転職を考えている方に有益な体験談なので、ぜひ参考にして見てください!

特に職業の本音トークが知りたい方はぜひ読んでみてください!

この記事でわかること

  • 交通量調査の実体験に基づく仕事内容
  • 交通量調査の年収
  • 交通量調査の仕事はきついか
  • 交通量調査の将来性
  • 交通量調査をこれから目指す人へのアドバイス

今回話を聞いた方はこんな方です。

職業:交通量調査
性別:男性
年齢:41
業種:その他
業種:交通量調査
月間残業時間:なし
会社規模:10~100人
上場について:非上場

当サイト『キャリエンス-Webで職業体験』について

「この職業が気になっているんだけど、実際にどんな仕事しているかいまいちわからない」

「転職を考えているけど、この職業ってきついの?残業時間は?」

「この職業に将来性はあるの?」

とお悩みの方向けに「実際にその職業に従事していた方のリアルな体験談」のインタビューをまとめたサイトです。

あなたが自分にあった職業を選択できるように、ぜひ活用してください。

スポンサーリンク

交通量調査の仕事内容

交通量調査の仕事内容

どんな車がとおるか調査する会社。まずは、どんな車の種類が通るかと人通りを調査します。

この調査はなんのためにやるかというと、今後この道路にどんな商業施設が必要かを調べるものです。
これは非常に重要な作業で、どんなニーズがこの地域にあるのかを調べることにより、この町の発展に大きくかかわってきます。

調べる車の種類はじつに細かく設定してあり、主に車の大きさや、タイヤの数、ナンバーにつけられている番号で正確に機種を判別します。

管理人
管理人

楽と噂に名高い交通量調査の仕事きたああああああ!!

個人的に内情がきになっていたので楽しみ。

なんでやるかってところから僕は知らなかったけど、地域のニーズを調べるって意味があるんだねー。




スポンサーリンク

年収

100万円(月収8万円)

スポンサーリンク

交通量調査に向いている人

この仕事に必要なのは、忍耐です。12時間調査と24時間調査にわかれます。

24時間調査はものすごく寒いときがありますので、防寒着が必須です。
雨や雪の日もやらなくてはならない時がありますでの、相当の覚悟でいってください。

管理人
管理人

ずっと座っているとはいえ、24時間も調査するのきつくない…?

良いところ、やりがい

自分がしらべた交通量調査が今後町の発展へと続くと思うと、間違えるわけにはいきません。
いつも気を張ってパチパチ記録をとっています。

良いところは、楽ですね、とくに12時間調査は寒くなるまえに、終わりますし

悪いところ、きついところ

悪いところは、24時間調査はいきなりやらない方がいいです。

まずは12時間調査でなれてからですね、本当に夜の冷え込みはきつく防寒着必須です。
たまに、もってきていない新人さんがいますが、本当にブルブルふるえていました

管理人
管理人

肉体的に耐えれるかどうかと、24時間カウントすることに精神的に耐えれるかどうかが重要だね。

スポンサーリンク

交通量調査の女性ならではの悩み

女性は24時間はやらないほうがいいです。夜あぶないところもあるんで。

スポンサーリンク

交通量調査の将来性

60歳ぐらいまでならできる単純作業です。

管理人
管理人

僕IT系の技術者なんだけど、これ余裕でAIで置き換えられると思うんだけどどうなんだろうか。ちょっと若い子が職業にするのはおすすめできないかなーって。

スポンサーリンク

会社選びで重要視するところ

やっぱり、人間関係がすくなく楽なところがいいです。

スポンサーリンク

交通量調査を目指す人へのアドバイス

この仕事は、とにかく楽と噂がたかい職業です。特に12時間のほうは、楽です。

交通量調査には渋滞を調べるやつもあるのですが、これは2時間やったら6時間休みで、夜もう2時間やれば1万円以上もらえるなんていうのもあります。

管理人
管理人

拘束時間でみたときの給料が安いから僕は嫌だけど、実働4時間で1万円ってのはまぁまぁありかもね。仕事内容も確かに楽そうだし。




タイトルとURLをコピーしました