翻訳家に転職した話

職業イメージ みんなの転職体験談

28歳で翻訳の仕事に転職した話【体験談】
転職して年収があがったのか、転職で失敗したこと、転職へのアドバイスなどなど、リアルな情報を公開して行くぞ!

スポンサーリンク

翻訳会社に転職した話

転職者の基本的な情報

性別:女性
転職時の年齢:28
転職前の職種:保母
転職後の職種:翻訳
転職した地域:東京
社会人何年目の転職か:5年目

転職後の年収の変化

転職前の年収:110
転職後の年収:150

ここからは転職についてあれこれ聞いた回答をまとめていくね。
生の声をまるまる掲載しているよ!

スポンサーリンク

翻訳に転職した理由

転職理由

それまで保育園で仕事をしていましたが、子どもの数にたいしてスタッフが少なく、朝から夕方遅くまで、毎日、忙しく働いていましたし、勉強会と称した残業もありました。
キリスト教系の保育園で、信仰を強いられることもありました。

自分の得意なことである英語をもっと生かしたいという思いが大きくなり、思い切って翻訳会社に転職しました。

翻訳の仕事内容

転職した先は翻訳会社での仕事です。
さまざまな企業から依頼された英語のレポートや書類、ビジネス文書、論文などを日本語に翻訳することです。
メールなどの翻訳もあります。
納期などは非常に厳しく、絶対に守らなければなりません。

翻訳への転職時に利用したサイト

マイナビ

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
スポンサーリンク

翻訳への転職時に使った履歴書のポイント

志望動機

自分の得意なことである英語を活かして貴社や社会に貢献したい。

自己PR

アメリカに住んでいたことがあり、英語が流暢です。
母国語は日本語です。

スポンサーリンク

翻訳への転職時の面接のポイント

退職理由

保育園で働くよりも、英語を使った仕事をする方が、自分を活かせると思うし、社会に貢献できると思います。

面接で聞かれた質問

  • なぜこの会社を選びましたか?
  • 英語力はどのくらいですか?
  • 日本語力はどのくらいですか?
  • 働く上で大切なことは何ですか?
スポンサーリンク

翻訳に転職したメリット・デメリット

転職で失敗したこと、後悔していること

それまではたくさんの子どもたちの世話など、てんてこまい状態で走りまわっていましたが、翻訳会社ではずっといすに座って、パソコンに向かっての作業が続きます。
首や肩がこったりして、運動不足になっているのを感じます。

転職して良かったこと

海外の英語のレポートや書類などを日本語に翻訳することで、社会に貢献できているという実感があることです。
自分の能力が活かせるのは楽しいことであり、やりがいになります。
周りの人からも喜んでもらえるので、よかったです。

転職活動で大変だったこと

特にありませんが、翻訳会社自体が少ないため、都心まで行かなければならないことが少し大変に思いました。

スポンサーリンク

これから翻訳へ転職する人へのアドバイス

毎日8~9時間くらいは会社で過ごすことになると思いますので、自分のできることが活かせる会社がよいと思います。

また、会社の環境や雰囲気がよく、社長がよい人で、スタッフみなが仲のよい会社をおすすめします。

職業体験をWebでしよう!リアルな職業体験談サイトを作った理由
Webで職業体験するのはハイパーコスパが良いよ!というのをこのサイトで伝えて行きたい。 なんでそんなサイトを作ったのか、このサイトを読んだ人が何を得られるのか、活用方法などについてざっくばらんに解説していくよ!
タイトルとURLをコピーしました